Category Archives: 建築設計

建築設計

[松戸]椿の庭

2017年8月竣工 千葉県松戸市 耐震補強、リノベーション 在来木造二階建て 椿の木々に囲まれた広い庭と落ち着いた雰囲気の純和風な邸宅。 2階部分の各部屋をシェアハウスとして、1階部分のリビングとダイニングキッチンを地域交流スペースとして設計・改修しました。 設計にあたり、以下の3項目をテーマに改修の計画を立てました。 ①住まいとしての基本機能の復旧と更新 ②改修箇所を中心に耐震補強 ③新たな機能…

[高岡]南町四区公民館

2017年9月竣工 富山県高岡市 町家再生 在来木造二階建て まちなかで祭りの拠点として、またある時は自治会の会議として使われていた元酒屋の町家。 所有者が亡くなった後も、地域の拠点として有り続けるため、自治公民館として生まれ変わらせるプロジェクト。 シロアリや漏水等で痛んでいた部分の復旧と合わせ、耐震等の構造補強も行い、会議や各種イベントなどこれからの地域活動を支える空間と機能を整えた。 前面入…

[北上]ギークファクトリー

2017年3月竣工 宮城県北上町 古民家再生 築300年の茅葺き古民家にIT開発という最先端の機能を入れ、3世紀を跨いだ文化交流を元に、地方と古民家の再生を進めようというプロジェクト。 建物は長い歴史の中で繰り返された増改築により、梁は新建材の天井によって隠されてしまい、土間には床が貼られ、板張りの床の上には畳が敷かれていた。そのように隠されてしまっていた古民家の架構の力強さや本物の素材の美しさを…

すくすくナーサリールーム

2017年3月竣工 神奈川県川崎市 保育園 木造準耐火構造 2階+ロフト 0,1,2歳児の小規模保育園。 昨今、待機児童が社会問題となっておりますが、保育園のためのまとまった土地がなかなか確保できません。 問題解決へのひとつの方法として、小規模保育園のモデルを作ることは非常に重要なことです。 今回、保育園を建設した土地には、もともと一戸建ての住宅が建っていました。 一戸建ての住宅くらいの小さな保育…

気仙沼内湾復興まちづくり支援+ウォーターフロント施設設計

東日本大震災において甚大な被害を受けた気仙沼市の中心市街地である内湾地区では、復興まちづくりのため、H24年6月に市・住民・事業者が参加する「内湾地区復興まちづくり協議会」が設立され、度重なる復興計画の検討を行ってきました。 弊社は「内湾地区復興まちづくり計画に関する提言書」のとりまとめを支援に参加し、内湾地区の要となるウォーターフロント商業施設の設計、海とまちをつなげるランドスケープアドバイス提…

チャレンジラボ 空の家

愛知県豊根村 古民家改修 「チャレンジラボ空の家」 空き家になり長年手を入れていなかった古民家を豊根村が譲り受け、地域おこし協力隊の活動拠点として改修しました。 建物や周辺環境も含め、さまざまな活動に対応出来るよう、古民家本来のおおらかな空間を目指して設計・改修をしました。 長年の増改築によって既製品の建材に覆われた部分は解体し、建物本来の姿に戻し、平面計画も豊根村周辺の一般的な古民家のスタイルを…

紅梅

宮城県気仙沼市 店舗(和菓子)・工場 鉄骨造 2階 和菓子屋・気仙沼紅梅は、東日本大震災で大きな津波被害を受けました。当時の店舗は避災後、解体となりました。 本計画は、避災前の場所に、和菓子屋・気仙沼紅梅を再建する計画です。 敷地は、復興の先行街区と位置づけられ一端であり、区画整理の道路工事とも並行して工事が進みました。 先行街区の目標空間は、登録有形文化財の角星店舗を筆頭に、昭和初期頃の気仙沼を…

八日町236

宮城県 災害公営住宅・集会所・店舗 RC造 4階 気仙沼市の中心市街地の内湾地区では、まとまった公有地が無かったことから、仮設住宅に住む被災者が戻るための災害公営住宅の計画地が見つからない状況であった。 そこで、市民の協働による組合やまち会社が地権者の土地を集約し、住民主体の復興住宅プロジェクトを進めることになり、その第1号として八日町236が完成した。 1階には、震災前には無かった地域住民の待望…

COMICHI 石巻

2015年度 日本都市計画学会 計画設計賞 受賞 住まいの環境デザイン・アワード2016 奨励賞 受賞 3.11により被災した石巻中心市街地の横丁沿いにおいて、4名の権利者によるコンパクトな共同化プロジェクト。 1階にIターン・Uターン、被災商店主向けの店舗、2・3階に従前居住者用住居やシェアハウスを内包した複合建築物としている。 最上階を木造とし、それ以外を鉄骨造とすることで、建物重量を軽くしな…