[松戸]椿の庭

2017年8月竣工

千葉県松戸市
耐震補強、リノベーション
在来木造二階建て

椿の木々に囲まれた広い庭と落ち着いた雰囲気の純和風な邸宅。
2階部分の各部屋をシェアハウスとして、1階部分のリビングとダイニングキッチンを地域交流スペースとして設計・改修しました。
設計にあたり、以下の3項目をテーマに改修の計画を立てました。
①住まいとしての基本機能の復旧と更新
②改修箇所を中心に耐震補強
③新たな機能に見合う空間デザイン

トイレや洗面所など水回りの機器交換や天井・壁・床の貼り替え、外壁修繕など、住まいとして基本的に必要な部分の改修と合わせて耐震補強や桁の補強など、解体時に判明した現状に合わせて耐震計算を行い、補強・改修していきました。
リビングについては、これまでの落ち着いた雰囲気に合わせ、壁は塗装クロス、床はマンデリンの無垢フローリングを使い、改修箇所と既存部分が違和感なく馴染むようにしています。
また、上映会や各種教室などが出来るように天井にスクリーンボックスを作り、壁にはホワイトボードシートがマグネットで貼れるようにしています。
ダイニングキッチンはステンレスのアイランド型とすることで、料理教室などにも利用できるレイアウトとしています。また、このキッチンは菓子製造業の許可をとり、お菓子作りのレンタルスペースとしても活用が出来ます。
建物の良い雰囲気を引き継ぎながら、人々が住み集う場として、これから多くの交流を生むことになりそうです。

Facebookページ
https://www.facebook.com/tsubakino28/